はんあり@新大久保(冬限定カメギと生マッコリ)

今日は娘も誘って主人と3人で生マッコリの有名な新大久保の「はんあり」 さんへ

連休とあってか、大混雑の新大久保の駅周辺は歩くのもやっとといった賑わいです。若い女性を中心に女性が8割、2割がアジア系の外国人男性といった感じで新大久保界隈は独特な街の雰囲気です。

 

駅から5分ほどでお店に到着

はんあり


大きなナマズ?が掲げてありますが、しっぽしか写っていません。^.^;

旧店名が「生マッコリ家」というだけあって、山梨で造っているという人工甘味料の入っていない甘くない生マッコリが名物のお店です。

今日はどちらかと言うと冷麺より、この生マッコリ目当てなのです。

真っ先に生マッコリ。
(これを凍らせたシャーベットマッコリを頼んだら、
昨日たくさん出たので今日はないとのこと。残念)

噂に違わずとっても美味!
微発泡で喉越し良く、ほんのり自然の甘さで飲みやすく、何杯でもイケそう!

 

定番のキムチの盛り合わせ

 

熱々のスープ餃子(マンドウ)

餃子(マンドウ)

 

マッコリと言えば海鮮チヂミ

 

つぶ貝野菜和え物

餃子以外はピリ辛なので、甘さほんのりの生マッコリにとってもよく合います。

ほろ酔いで程良いので、冷麺で〆てと思ったら、気になる張り紙が。

「冬​限定 ​新カ​メ​ギ​」

「冬限定 新カメギ」って何だろう?と「韓国 カメギ」でググってみたら、ソウルナビにこんな説明がありました。

”クァメギ(カメギ)はサンマやニシンといった青魚を独特な方法で干した、干物の一種。干物といっても焼いてご飯のお供にいただくというよりは、お酒のおつまみにぴったりの食べ物で、ネギなどの薬味と一緒に海苔やワカメで包んでほおばると、あ~焼酎が止まらない!?特に酒飲みたちにはたまらない、冬の珍味なんです。

11月以降にとれたサンマやニシンを、とれたての新鮮な状態で少し凍らせてから、風通しの良い屋外の日陰に吊るして3~10日間のあいだ凍ったり解凍されたりの状態を繰り返すという方法。このように自然な状態で干す間に発酵、熟成されて青魚の旨味が凝縮した美味しいクァメギになるそうです。”

この説明はそそられます。

今まで、食べたことがない、サンマもニシンもDHA.EPAが豊富、しかも冬「限定」、とくれば、これは食べない手はない、迷わずオーダー。

 

運ばれてきました。

魚は何ですか?聞くと、サンマです。の答え。

早速いただきました。

サンマのもっちりした独特の食感のサンマと、いろいろな野菜、ニンニクなどを韓国海苔に乗せて食べると確かに美味しい!
生マッコリとの相性バツグンです。2杯めをおかわりしました。^.-v


今日は新しい料理に魚(DHA.EPA)も食べられて大満足!

だいぶお腹も膨れてきましたが、やっぱり〆は冷麺。
冷麺紀行ですから・・・

ビビン麺も頼んで、3人で分けていただきました。

オーソドックスな冷麺もビビン麺も美味でした。

 

今日は何と言っても、甘くない微発泡の生マッコリに魅せられました。

 

大満足でお店を出ると、外はすっかり暗くなっていました。

また来たいと思います!

 

ごちそうさまでした。

 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

お問い合わせ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください