キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

今日は何と言ってもこのニュース!

キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

Alzheimer’s Symptoms Worsened by Canola Oil
2017年12月8日(金)19時11分

”英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」電子版に12日7日に掲載された論文は、私たちにとってごく身近な食用油であるキャノーラ油が、脳にどれほどのダメージを与えかねないかについて、新事実を明らかにしている。”

油脂研究の第一人者の奥山治美先生は自らの実験、研究結果から「キャノーラは食用に値しない。」と明言されていますので、個人的にはこうした報道も驚きはしないのですが、

キャノーラ油の危険性が日本語になって報道されたことは驚きです。日本では、サラダ油やキャノーラ油の危険性を報じることはタブー視されているからです。

食品の安全性に関わる問題は、信頼に足る事実は事実として報道し、最終的な判断は消費者に委ねるのが、本来の姿だと思うのですが、スポンサーの利益を損なう事実には「忖度」が働くようです。残念です。

 

この記事の最後には、キャノーラ油に変わる代替油の記述があります。が、この油も要注意です。

”だが今回の研究通りなら、キャノーラ油を使うのは考え直したほうがよさそうだ。代わりはオリーブオイルでもよいが、高温の調理には向かない。米グルメ誌「ボナペティ」は高温調理をする際、アボカドオイルやひまわりオイル、グレープシードオイルでの代用を勧めている。”

ここに挙げられる油も決して安全ではありません。特に、ひまわり油、グレープシードオイルはリノール酸が多いのでNGオイルです。

ヘルシーだと思われている植物油にはまだまだ危険が潜んでいます。

植物油についての正しい情報は、奥山先生のこの本をオススメします。

キャノーラ油の危険性についても分かりやすく解説されています。

オリーブオイル・サラダ油は今すぐやめなさい!


 

こちらも併せてお読みください。m(_ _)m

危険なサラダ油やキャノーラ油等の植物油、年間13Lも摂取!がん、糖尿病、認知症のリスク増

 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

お問い合わせ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください