クリルオイル(オキアミ油)のオメガ3スープ

昨日は東京ビックサイトで開催されている「食品開発展2017」へオメガ3系の食品、食材をチェックしに行ってきたのですが、そこで、素晴らしいオイルに出会いました。

それはクリルオイル(オキアミ油)です。

以前から気になっていて、多少の情報は得ていたのですが、詳しい説明を聞いて思っていた以上に素晴らしいオメガ3系オイルだということが解りました。

こちらのサイトで説明されていますので、詳しくお知りになりたい方は是非ご覧ください。サイトそのもののクオリティもとても高く、感心しきりです。
ここではサイトからお借りした文章で、ごく簡単に説明します。

スパーバ・クリル(オキアミ油)

スパーバ・クリル・オイルは、オメガ3脂肪酸EPAとDHAを豊富に含む南極オキアミのみから抽出されます

オメガ3はリン脂質に結合するため、より早く効率的に細胞膜に運ばれ、取り込まれます。オメガ3脂肪酸のEPAとDHAは細胞の主要な構成成分であり、細胞や細胞内膜を横断する分子の輸送、シグナル伝達プロセス、代謝パラメータといった機能に影響を及ぼします。つまり、細胞内のオメガ3含有量が多いほど、細胞はフレキシブルに機能するのです。

 

ノルウェーのAker BioMarine社の製品で、日本でもサプリとして販売されています。

 

これが南極オキアミです。Wikipediaからお借りしました。

 

AkerBioMarine社のブースでアジア担当の方から、とても丁寧な説明を日本語通訳の方を介してしていただきました。クリルオイルの効能はエビデンスもしっかりしていて納得のできるものでした。

その女性担当者の方は2歳半のお子さんに、クリルオイルのカプセルの中身を朝食にかけて食べさせているそうで、その様子の写真も見せていただきました。

私がオメガ3料理を専門にしているということもあって、とても熱心に説明していただき、各種資料とサンプルをいただきました。

資料にいただいた本はとても素晴らしいオメガ3の解説本です。クリルオイルだけでなくオメガ3脂肪酸の大切さがとても丁寧に解説されています。

 

 

そして、今朝、主人とクリルオイルを試食してみました。

サンプルのスパーバ・クリル(オキアミ油)

 

この赤は強力な抗酸化物質のアスタキサンチンの色なので、この色も魅力のひとつです。

 

中身を開けるとフワッとえびの香りがします。日本人には慣れた香ばしさです。

味はえびそのもの、特に乾燥した桜えびの味です。

とても美味しいです!

他の魚油系オイルとは全く違って生臭さもなく、このまま調理に使えそうです。

 

ということで、夕飯はクリルオイルでオメガ3スープにしました。

カプセル2つ分のオイルをかけました。

豆腐・蒸しあん肝・ホタテ・長ネギ・カイワレ
チキンスープ・塩・胡椒・ニンニク・しそ油(えごま油)・スパーバ・クリルオイル

 

桜えびで出汁を取ったようでとっても美味しいです。

このスープに麺を入れても美味しそうです

中華系の料理には特に合いそうです。

 

いろいろな料理に使えそうなので、随時アップしたいと思います。

ごちそうさまでした。

 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

レシピ本のご購入はこちらをご覧ください。

★★★★★「隠れ油」という大問題 – 病気になる油 治す油 -林 裕之 著

お問い合わせ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください