中学生は給食に塩持参!?&ほうとうの夕飯

神奈川でのマズイ学校給食騒動など学校給食の味が話題になりますが、学校給食は味が薄い、味がないなどの理由で塩を持参する中学生がいて、学校側もどう対処して良いか迷っていると聞きました。

小さい頃から、マックやケンタッキー、たこ焼き、カップラーメン、お菓子など塩分、糖分、油、化学調味料が混じった味ばかりに慣れていると、予算も、塩分量も決まっている給食は物足りないのでしょう。

中にはきっと、マヨネーズやケチャップを持ち込んでいる生徒もいると思います。

先日のエナジードリンク中毒も、味覚破壊の象徴です。

濃い味、強い味偏重の味覚は、栄養バランスの崩れにつながり体調不良や病気の原因になります、早急な対策が必要だと思います。

我が家のワンパターンのDHA.EPAと野菜の弁当も、今の子供達にはマズイ部類のお弁当かもしれませんね・・・

体には良いのですが・・・

そのお弁当

昨日は塩サバと野菜のお弁当

今日は鮭と野菜のお弁当

 

そして、今夜は野菜たっぷりのほうとうです。


(主人はビールの晩酌)

 

めかぶ
ローストアマニ粒・自家製ゆずポン

 

かぼちゃのほうとう
かぼちゃ・長ネギ・白菜・ごぼう・人参・舞茸・豚肉
鰹昆布出汁・みりん・味噌

 

ほうとうは食べ終わる頃がトロトロになって一番美味しい ^.^w

 

成長期の子どもたちには、栄養バランスの良い食生活を送って欲しいとつくづく思います。

 

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

レシピ本のご購入はこちらをご覧ください。

★★★★★「隠れ油」という大問題 – 病気になる油 治す油 -林 裕之 著

お問い合わせ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください