寿命が延びたら病気が増えたワケ

⬆のグラフは戦後の日本の栄養バランスの推移、 炭水化物は減り、脂質は増えている。寿命は延びたけれど、糖尿病などの生活習慣病は増えている。

​Business Journal​
​少油生活のススメが掲載されました。​

寿命が延びると病気が増える謎を考察しました。

日本人が年間13リットルも飲む「植物油」が体を壊す

炭水化物の摂取が非常に多いと死亡リスクが高く、脂質の摂取が多いと死亡リスクが低いことが「意外」と受け止め​た​11/17付NIKKEI STYLE記事
『「炭水化物が毎食7割超え」は注意 死亡リスク上昇』​
に対して、決して意外ではなく要は栄養のバランスと栄養素の質と量の重要だと言うことを記しました。​

今回は少し長めの力作​です。ぜひ本文をお読みください。m(__)m

さて、今夜はノンオイル(植物油なし)で栄養バランスの取れた食事です。

 

もやしと三つ葉のお浸し
ローストアマニ粉・鰹昆布出汁・みりん・醤油

 

キュウリとキウイの塩麹和え

 

筋子(DHA.EPA)

 

豚モモと大根の煮物
酒・みりん・酢・醤油

 

豆腐、なめこ、長ネギの味噌汁
鰹昆布出汁・味噌

 

麦ごはん​

 

〆は豚と大根の煮汁で ^,^v

ごちそうさまでした。

 

お昼は、ブリと野菜のお弁当で今日は1日ノンオイルでした。

 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

レシピ本のご購入はこちらをご覧ください。

★★★★★「隠れ油」という大問題 – 病気になる油 治す油 -林 裕之 著

お問い合わせ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください