有田誠先生「オメガ3脂肪酸の新たな生理機能」

昨日の勉強会のテーマは

「オメガ3脂肪酸の新たな生理機能」

講師は理化学研究所 統合生命医科学研究センターの有田誠先生

テーマのタイトルだけをみると何やら難しそうですが、有田先生による最新の研究成果のお話は分かりやすく、とても勉強になるお話を聞くことができました。

キーワードは”リポクオリティ” リポクオリティ (lipo-quality) は、「脂質」を意味するlipidと「質」を意味するqualityを組み合わせた言葉で、要は摂取する脂肪酸の質が生体を制御するということ。

DHA.EPAの作用が分子レベルで解明されつつあるので、摂る脂質の質「リポクオリティ」が益々重要になります。また、若い研究者も増えているので今後の研究成果が期待できるとのことでした。

新鮮な情報に触れて刺激になりました。今後の自分の活動の新たな指針にもなりました。

娘のアトピーをきっかけに脂質の勉強を始めましたが、今日のお話を聞いてオメガ3脂肪酸摂取の重要性を益々広めなくてと思いを新たにしました。

一人でも多くの方に知っていただけるように頑張ります!

 

という訳で、夕飯は、良質なDHA.EPAを摂取しました。

葉生姜&にごり酒 李白(純米)

枝豆

 

めかぶ&ローストアマニ粉

アジ(DHA.EPA)のなめろう

 

カマスの照り焼き風

 アジ80gとカマス100gでDHA.EPAは計1.7g摂取できます。

 リポクオリティのために、魚離れに歯止めをかけたいものです。

ごちそうさまでした。

 

7月はアスリートとそのご家族向けのセミナーと料理教室です。

アスリートでなくとも参加できます。

アスリートフードマイスターの加藤ゆりこさんとのコラボです。

詳細とお申込みはこちらをご覧ください。

【第1回】アスリートフードセミナー・7月22日(土)11時より開催

 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

レシピ本のご購入はこちらをご覧ください。

★★★★★「隠れ油」という大問題 – 病気になる油 治す油 -林 裕之 著

2017年5月22日TBSで放送された「少油生活」はこちらのページで解説しています。

お問い合わせ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください