相次ぐ油本の出版&タンドリーチキン

油の本が相次いで出版されています。

山嶋新著

去年から始まった油本ラッシュですが、今月も2冊出版されました。

最近は油本が多すぎて全てを読破できないのですが、やはり、山嶋哲盛先生の本は外せません。今回の本はヒドロキシノネナールと認知症の関係がかなり詳しく解説されているようです。しっかり勉強しようと思います。

もう一冊の本はぎょう虫先生として知られる藤田紘一郎先生が初めて油の害に言及した本です。目次にある 「悪い油が腸の粘膜をダメにする 」の章がとても気になります。明日届く予定です。

このように各分野の専門家が植物油の害を記した著作がたくさん発行(中にはブームに便乗したくだらない本もありますが)されているのですが、テレビや新聞などのメディアは植物油の害は報じません。

エゴマ油や亜麻仁油などオメガ3脂肪酸の良さは盛んに取り上げるのですが、いくらオメガ3の油を取り入れても、その他の植物油に多く含まれるリノール酸(オメガ6)を減らさなければ意味がないのです。

つまり、サラダ油やキャノーラ油など一番ポピュラーな油を止めなければならないのですが、これはテレビや新聞では云えませんね。視聴者や読者の健康より、油会社などのスポンサーを優先するからです。残念です。

正しい情報を仕入れて自衛するしかありませんね。

サラダ油をやめれば認知症にならない (SB新書)
山嶋 哲盛 (著)

なぜ「油」をかえると、長生きできるのか: 摂り方・選び方すべてがわかる本 (知的生きかた文庫)
藤田 紘一郎 (著)

さて、昨夜はタンドリーチキンなどなどでした。

使用油:アマニ油

まずは、ビール(ハーフ&ハーフ)

ハーフ&ハーフ

豆腐
塩・バルサミコ

塩バルサミコ酢

ワラサとブルーベリージャムのドレッシング(アマニ油)

ワラサとブルーベリージャム

ポテサラ
じゃがいも・キュウリ・コーン・燻製玉子
酢・塩・アマニ油(自家製マヨネーズ

オメガ3のポテサラ

じっくり焼き上げたタンドリーチキン
越前白山鶏(ムネ・モモ)・ガラムマサラ・クミンなど
塩・豆乳ヨーグルト

じっくり焼いたタンドリーチキン

絶品!(自画自賛)ワイン(撮り忘れ ^^;)とよく合います。
絶品タンドリー

お昼は野菜キンピラとウィンナーのサンドイッチでした。

玉子焼きウィンナーサンドイッチ

ごちそうさまでした。m(__)m

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください