試食しました。 ”加熱調理可能な亜麻仁油「アリーガ」”

先日、加熱調理可能な亜麻仁油「アリーガ」を独占輸入販売している

(株)ビルドブリッジA 様から送っていただきました。

同封されていた資料によりますと、特殊なフィルターを使って、低温のまま脂肪酸以外の不純物を最小化したことで、250℃の加熱でも発煙せず、オメガ3脂肪酸も変質しないと書かれています。

αリノレン酸の含有量は約60% リノール酸は約15%、オレイン酸は約16%です。

Amazonでの価格は 250mlで¥1,780_ です。

 

その他の製品情報 Amazonより

・日本初の加熱調理が出来る亜麻仁油。もうマズイ亜麻仁を生食で食べる必要はありません。サラダ油の代わりに使うことができ、チャーハンや野菜炒めの炒めものが可能。簡単に高品質な亜麻仁の栄養が摂れます。

・製品の安全と品質基準を保証するGMP認証取得工場で生産。世界一の亜麻仁作付け国であるカナダ産。遺伝子組換えでは無いオーガニックの亜麻仁を低温圧搾(コールドプレス)製法で丁寧に絞りました。

・「健康で、美しく、スリムに・」美容・健康・ダイエット効果がテレビで話題になった亜麻仁油に含まれるオメガ3系脂肪酸。生食ではなく加熱して簡単に摂れるのはフラックスシードクッキングオイルだけ。

・アマニオイルに含まれるオメガ3系脂肪酸(α-リノレン酸)は、様々な研究機関でプラス効果が証明されています。血圧の調整、コレステロールの低下、免疫力の強化、花粉症などのアレルギー症状緩和など。

・カナダAlligga販売会社と契約を結んでいる正規代理店が正規品をお届けします。加熱調理についてのカナダ研究機関の証明書や、効果・効能、レシピを日本語で解説した冊子・パンフレット付きです。

早速試食してみました。

色は濃い目です。

スプーンにのせて口に運ぶと、独特の香りがあり、味はかなりクセがあります。香りも味もインカインチやカメリナオイルを濃くしたような感じです。
どれも加熱OKを謳ったオイルですが、共通のクセがあるように感じました。

 

このオイルで裸のコロッケ(衣なしのコロッケ)を作りました。

サラダはトマトとブロッコリースーパースプラウト、アマニ油(NIPPN)とレモン、塩、胡椒のドレッシング

 

調理中 匂いはありません。まぶしてあるのはローストアマニ粒です。

裸のコロッケ:牛ひき肉・ジャガイモ・玉ねぎ・塩・胡椒・アリーガクッキング亜麻仁油

出来上がりもオイルのクセは感じませんでした。

とっても美味しくいただけました。^.^

 

気になることもあります。

商品説明に「もうマズイ亜麻仁を生食で食べる必要はありません。」とありますが、我が家で愛用のNIPPNのアマニ油プレミアムリッチは全くクセがなくとても美味しいので生食でも何の問題もありません。ですので、この「マズイ」の表現はいかがなものかと思います。

まだ1度だけの使用ですが、チャーハンなどの炒め物に少量使うのは良いのではないでしょうか。生食は好き嫌いがハッキリするでしょう。

興味のある方はお試しください。

ごちそうさまでした。

Alligga(アリーガ)フラックスシード(亜麻仁)クッキングオイル

 

 

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

レシピ本のご購入はこちらをご覧ください。

★★★★★「隠れ油」という大問題 – 病気になる油 治す油 -林 裕之 著

お問い合わせ



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください