食用コスメオイルは必要?大事なのはリノール酸を減らすこと

今日はこんな記事がありました。いろいろなオイルが注目されていますが、ちょっと違うのではと思います。

食用コスメオイルが人気=体内からきれいに

”食べられる「コスメオイル」が、体内からきれいになりたいと望む女性の人気を集めている。保湿効果を持つ化粧品向け天然油の食用版で、そのまま飲むほか、ドレッシングなどとして料理に使う。”

として、アルガンオイルとアボカドオイルが紹介されていました。

そこで、それぞれのオイルの成分を調べてみました。
(この記事の商品ではありません。)

アルガンオイル
ステアリン酸10%  オレイン酸45%  リノール酸30%

アボカドオイル
リノール酸8.2%  オレイン酸71.6%  α-リノレン酸0.5%  飽和脂肪酸15.0%  トランス脂肪酸0.0%

どちらも主成分はオメガ9のオレイン酸、つまり必須脂肪酸ではないので敢えて摂る必要のないオイルです。

美容のためにいろいろなオイルを摂る前に、リノール酸の摂取量を減らし、オメガ3(DHA.EPA、αリノレン酸)を増やすことの方が大切です。

6月11日の「美容と脂質」セミナーではオメガ3オイルと美肌のお話をさせていただきます。

さて、今夜は野菜たっぷりの焼きビーフンです。

th_焼きビーフンセット

使用油:アマニ油(αリノレン酸)

トマトスープ
トマト・玉ねぎ・ドライバジル
チキンスープ・塩・胡椒

th_トマトスープ

野菜たっぷりの焼きビーフン
ピーマン・玉ねぎ・パプリカ・もやし・えのき・あまに豚・アオヤギ
塩・胡椒・ホタテパウダー・オイスターソース・アマニ粒・アマニ油

th_野菜たっぷり焼きビーフン

アオヤギ!
th_青柳入りビーフン

お昼は生鮭(DHA.EPA)、ゆで玉子、野菜のお弁当でした。

th_生シャケ弁当

生鮭は皮の美味しさも違いますね。^.^

ごちそうさまでした。

美容と脂質 夏のセミナーのお知らせ

6月11日(土)にコスメコンシェルジェの中山 瞳さんとコラボで美容と脂質のセミナーを開催いたします。

詳細と申し込み方法などはこちら⇓をご覧ください。 m(__)m

http://goo.gl/sNZ6h4

にほんブログ村 料理ブログ 健康食へ
料理・健康食ブログ。
よろしければ応援クリックをお願いします。
 m(__)m

レシピ本のご購入はこちらをご覧ください。



コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください